外反母趾

応用コース

応用コース 180527 第5回目

今回は、複雑だった外反母趾のテーピングの復習からスタートです。次いで、スポーツ障害に焦点を当ててテーピングを行っていきます。例えば、野球肩、ランナー膝、ジャンパー膝、鷲足炎、シンスプリントなどです。いずれもくりかえしの負担が炎症を招くトラブルです。
応用コース

応用コース 180429 第4回目

今回の応用コースでは、下肢のテーピングを中心に行いました。主な部位として、半月板損傷、こむら返り・肉ばなれ、膝の靭帯損傷、足関節捻挫、外反母趾・内反小趾などです。今回は、故障のメカニズムが理解できて、丁寧なテーピングが行えるのが課題でとなります。
タイトルとURLをコピーしました